資金を一定期間で取り崩すときの取崩額計算

0 6999

年金などの資金を複利運用しながら取り崩して行くとき、一定の期間でいくら取り崩すことができるかを計算します。

計算式

資本回収係数を用いて計算します。

取崩可能額 = 資金 × 年金現価係数
資本回収係数 = 年利率 ÷(1 ー ((1 + 年利率)^(年数 × −1)))

計算例

例)年金資金の10,000,000円を年利率1%で複利運用しながら、20年で取り崩したい。1年あたりいくら取り崩せるか?

10,000,000 ×( 0.01 ÷(1 -(1 + 0.01)^-10) ) = 554,153円

資金を一定期間で取り崩すときの取崩額計算

資金:
年利率: %
年数:
取崩額:


Tagged with:

Similar articles

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *