元利均等返済で返済回数を変えた時の月返済額の差

0 174

元利均等返済による住宅ローンなどで、返済回数を変えるとどれぐらい返済額に差がでるのかを計算します。

計算式

毎月の返済額 = (借入金額 – 頭金) x 金利 x (1+金利)^返済回数 / ((1+金利)^返済回数 − 1)

※金利は月利

計算例

例)次のような住宅ローンを考えている。返済期間を35年と30年とした場合、毎月の返済額はどれぐらいの差になるか?

借入金額:3000万円 
金利:1.54%

1.54%は年利であるため、月利を計算すると1.54%/12 = 0.128%

返済期間:35年(420回)
毎月の返済額 = 30,000,000 * 0.00128 * (1 + 0.00128) ^420 / ((1 + 0.00128) ^420 – 1)
       = 92,385円

返済期間:30年(360回)
毎月の返済額 = 30,000,000 * 0.00128 * (1 + 0.00128) ^360 / ((1 + 0.00128) ^360 – 1)
       = 104,055円

差額:11,670円(但し、30年の方が約134万円の金利負担削減)

※金利を有効桁数3桁としたため、実際の返済額との誤差が発生します。

元利均等で金利が変わった時の月返済額の差

借入金額:
金利: %
返却期間パターンA:
返却期間パターンB:
月返済差額:
金利負担減:


Tagged with:

Similar articles

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *