貯蓄計算機ーためる

0 847

貯蓄計算機の「ためる」は目標額を達成するためのプランを検討するときに使います。

例えば、車の頭金100万円を3年後に準備しておきたいと思ったときにゆうちょ銀行の自動積立定期貯金を行った場合、年利0.1%なので、
年間333,000円(月額27,750円)ですね。利子所得で利子分に20%の税金がかかりますが、利子もびびたるものです。なので、ノーリスクで貯めたいならば、使ってしまわないように自動的に積み立ててもらえる銀行の商品なら何でもいいでしょう。

つぎに、子供の教育費用を準備したいとき、生命保険文化センターの情報をもとに計算してみましょう。

少し長期的に考えるのと、リスクをほぼ0にしたいということで10年国債で運用してみます。10年国債は半年ごとに見直される変動金利ですが応募者利回りとしては1%以上はあるようです。ここでは、仮に1%で検討してみます。

国立(自宅)約500万円

年間約47万8千円(月間約4万円)ですか。。これは厳しいですね。もっと長期的に子供が生まれてすぐから計画していかないといけませんね。生まれてすぐから定期積立を始めると18年後に大学入学なので

それでも、約2万円強積み立てていかなければいけません。ただし、18年間ずっと1%と想定しているので金利が少しでも上向けばもうちょっと楽になるんですよね。

私立理系(下宿)約1,150万円
私立医歯系(下宿)約3,400万円
・・・もういいですね。各自計算してみてください。

これで、子供が2人で理系に進みたいという夢がある場合、、、かなえさせてやることができるでしょうか。。やはり、ライフプランは重要です。全体的なお金の流れを把握していないと不安がつのるばかりです。

Tagged with:

Similar articles

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *