相続税の増税その2

0 111

前回、ほどんどの方は無関係といってしまいましたが、本日のニュースで基礎控除が5000万円から3000万円へ引き下げられる方針を決めたとのこと。

とすると、

生命保険の非課税限度枠は変わらないようなので、

例えば、生命保険が3000万円だとすると、
妻と子供が2人ならば、500万円 X 3 = 1,500万円までは非課税で、残り1500万円が課税対象。
非課税限度額 = 500万円 X 法廷相続人の数

そして、基礎控除が3000万円となるので、

遺産に係る基礎控除 = 3,000万円 + 1,000万円 X 法廷相続人の数
同様に妻と子供2人ならば、6,000万円の控除となります。

生命保険の1500万円を除くと土地建物などが4500万円以内ならば相続税はかからないことになります。
この金額ならちょっとしたマンションを所有している方なら該当するかもしれません。

土地は、路線価で計算されます。(以下参照)
ざっくりとした計算を行いたい場合は、実勢価格の70~80%が評価額となります。

●財産評価基準
http://www.rosenka.nta.go.jp/

家屋は、下記の国税庁のページから固定資産税が相当します。

●土地家屋の評価
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm

相続税に関するセミナーも盛況なようなので、意外と多くの方が対象となるように調整したのでしょうか?
皆さんも後であわてないように一様チェックしてみてはいかがでしょうか?

Tagged with: ,

Similar articles

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *