ライフイベントを考えるーその2

0 193

ライフイベントを考えるーその1に引き続きてライフイベントを考えていきましょう。

次に、住まいのイベントです。
住まいのイベントとしては、マイホームの購入が大きいですが、本当に購入するかを含めて老後まで考えてみましょう。
検討項目としては、
・場所
 ・都心、郊外
・住宅
 ・戸建て、マンション
 ・所有、賃貸
 ・建物のグレード
 ・床面積
 ・交通手段(会社、学校、パート先など)
 ・利便性
 ・住環境
・タイミング
 ・結婚前
 ・結婚後
 ・出産後
 ・老後
・家族環境
 ・両親
 ・子どもの教育

これらを表にまとめて考えてみるといいでしょう。
すでに住宅を購入してしまっている方でも、今後どうしてきたいかを検討しておくと転ばぬ先の杖となると思います。

では、次に家族イベントですが、毎月の給与の範囲内の支出でカバーできるイベントはあえて検討する必要はなく、支出を抑えて費用を捻出するようなイベントを考えてみましょう。
・家族との海外旅行
・夫婦での旅行
・両親との旅行

最後にその他イベントですが、
・自動車関連
 ・自動車の買替え
 ・車検
・住宅関連
 ・家電製品の買替え
 ・耐久財の買替え(給湯器等10年ぐらいで買替えが必要な物を含む)
 ・自宅の修繕費(戸建てなどではマンションと違って修繕費を積み立てておく必要があります)

ファイナンシャルプランを作成する上でのイベントについては、前回とあわせて将来まで考えて最初はじっくり検討してみましょう。まずは、なんでもたたき台がないと始まりません。

後々、価値観が変わって、すべてを捨てて田舎で自給自足生活をすることになったとしても、まず考えてスタートすることが大切だと思います。このスタートがなかなか切れないものです。

次回からそれぞれのイベントをもう少し深く検討して、ライフイベントを完成させていきたいと思います。

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *