毎年一定金額を取り崩すときに必要となる資金計算

0 924

毎年生活費として、一定の金額を取り崩して行くときに年金などの資金がいくら必要となるかを計算します。

計算式

年金現価係数を用いて計算します。

必要資金 = 取崩額 × 年金現価係数
終価係数 = (1 ー ((1 + 年利率)^(年数 × −1)))÷ 年利率

計算例

例)毎年生活費として年間120万円(月10万円)を10年間で取り崩したい。年利率1%で複利運用する場合に必要となる資金はいくらか?

1,200,000 ×((1 -(1 + 0.01)^-10)÷ 0.01 ) = 11,365,565円

毎年一定金額を取り崩すときに必要となる資金計算

取崩額:
年利率: %
年数:
必要資金:


Tagged with:

Similar articles

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *